鈴木経営会計事務所,鈴木清司税理士事務所 〒445-0065愛知県西尾市城崎町5-6 電話番号0563-54-3870 新規開業,創業,独立をお考えのお客様はお気軽にご連絡下さい

鈴木経営会計事務所/鈴木清司税理士事務所 リンクサイトマップお問い合わせプライバシーポリシー
鈴木経営会計事務所トップページ
お気軽にご相談下さい。TEL/0563-54-3870 住所〒445-0065愛知県西尾市城崎町5-6
メールでのお問い合わせはコチラ↓
お問い合わせフォーム
会社概要
業務内容
税理士紹介
スタッフ紹介

鈴木会計事務所だより
鈴木経営会計事務所スタッフブログ
新規開業を支援します
新しいビジネスのアイディアがある方でも、開業するとなるとさまざまな問題をかかえてくることとなります。経理事務、給与計算、各種届出、事業形態などたくさんのお悩みにお答えできるようにサポート致します。
開業後のサポートにつきましても正確な経理事務、決算業務などきちんとバックアップしますので、申告等を気にすることなく経営に専念していただけます。

会社設立をお考えの方
・事業主の事業所得が給与所得(役員報酬)になり、所得・個人事業税の面で税金が安くなります。
 (注.実質一人会社の場合、会社法による制限あり)
・新規事業が赤字の場合、青色申告にしますと最大7年間赤字が繰り越せます。
 (個人事業の場合は、3年間)

法人設立までの流れ

1.商号 、目的などを決める。
2.定款を作成し、公証役場で認証を受ける。(司法書士へ依頼業務)
3.出資金を払い込む(会社名義の通帳作成)
4.登録申請書類を作成・申請する。(司法書士へ依頼業務)
5.税務署などの官公庁へ諸届を提出する。(提出期限があります。)
※一連の手続きは、当事務所及びパートナーの司法書士が責任をもって代行します。

個人事業を開業<開業予定>の方
会社を設立せずに個人で仕事を始める場合は個人事業となり、その本人は個人事業主となります。個人事業の開始にあたって、法人登記のような面倒な手続はありませんが、必要に応じて、税務署へ提出する書類があります。

主な税務署への提出書類

1.個人事業の開業等届出書
2.所得税の青色申告承認申請書3.給与支払事務所等の開設届出書
これ以外にも必要な書類や提出先、提出期限等がございます。

事業をはじめるなら青色申告がおすすめ
法人、個人のどちらで事業を始めるにしても「青色申告」か「白色申告」のどちらかを選択することになります。「青色申告」は、税法に従って一定の帳簿書類を作成し、税務署に青色申告の承認申請を受けることが必要です。
青色申告は白色申告に比べ帳簿書類を作成しなければならないことが面倒と思いがちですが、業績向上のためにも売上高や経費が月々どのくらいなのか把握しておくのも大切です。そして何より青色申告することにより白色申告にない特典が使えます。

主な特典内容

法人の方

特典内容 青色申告の場合 白色申告の場合
欠損金の繰越 赤字になった事業年度以降7年間
黒字になった金額を充当できる。
適用がありません。
減価償却 特別償却(減価償却の特例)が
できる。
一部を除き適用がありません。
引当金 貸倒引当金等の繰入ができる。 適用がありません。

個人の方

特典内容 青色申告の場合 白色申告の場合
専従者給与 同居親族に支払う給料を
経費とすることができる。
同居親族に支払う給料は
一人あたり50万まで。
配偶者は86万まで控除できる。
純損失の繰越 赤字になった年以降3年間で
黒字になった金額に充当できる。
適用がありません。
青色申告特別控除 最高65万円または10万円 適用がありません。
引当金 貸倒引当金等の繰入ができる。 適用がありません。


会社設立、事業開業、不動産の貸付等何でもご相談下さい。
料金体系につきましても、お気軽にご質問やお見積依頼をお寄せ下さい。
メールまたは、お電話にてお申込み下さい。


Copyright(C)2008鈴木経営会計事務所/鈴木清司税理士事務所.All Rights Reserved.